早漏防止効果もある?バルデナフィルの効果と副作用

ED治療薬というと、まずは発売されたときに大きく話題になったシルデナフィルを成分とした「バイアグラ」や、現在世界中で使用されているED治療薬の中でも圧倒的な知名度を誇るタダラフィルを成分とした「シアリス」などを思い浮かべる人が多いと思いますが、バルデナフィルを成分とする「レビトラ」も同様に様々な国で評価されて販売されております。ではバルデナフィルはどのような効果や効能を持っている成分なのでしょうか?違いなども含めて説明していきたいと思います。

早漏防止効果もある?バルデナフィルの効果と副作用

バルデナフィルの効果や効能

バルデナフィルに関しても言えることは、シルデナフィルとよく似た化学構造をしていて、同様にEDを起こしてしまう要因となっているホスホジエステラーゼ5(PDE5)の分泌を抑えることで、加齢やストレスなどによって少なくなってしまった勃起をさせるために必要な酵素である環状グアノシンーリン酸(cGMP)の働きを助けるものです。よってペニスへの血流を良くして勃起する力を高める効果を持っています。ただシルデナフィルと大きく違うのは、成分が水に溶けやすいので体の中に入った後に効果が表れるまでの時間が、他のED治療薬と比べると早いという点です。ED治療薬にはそれぞれ長所があると思いますがバルデナフィルの場合は、飲んだらすぐに効いてくるというのがメリットと言えるのではないでしょうか。すぐ後の控えているときに飲んでから聞くまでに時間がかかってしまうようでは、タイミングも計ることができないですし、前もって飲んでいたわけでもなく急に必要になった際には救世主なりますね。

また少量でよく効くとされているので、錠剤も他のもので同じ効果をもつED治療薬と比べても小さいので、薬を飲むのが苦手な人にも服用しやすいのではないでしょうか。また聞きやすいという点に付随して、食事の影響を受けにくいという点も安心できます。食膳に飲む場合でも、すぐに吸収されるので安心ですし、食後に飲む場合でも食事の内容にもよりますが2時間もあければ大丈夫なようです。もう1点ですが10㎎以上のものでは遅漏の改善にも効果的とされています。この点はシアリスやバイアグラにはない特徴なので、比較検討する際の参考になると思います。

Top