テストステロン分泌促進トンカットアリの効果と副作用

トンカットアリという言葉を聞いても、名前を聞いたことある人はほとんどいなく初めて聞いた人はそれが何かということもわからないと思います。トンカットアリは東南アジアが原産地となっているハーブの一種です。東南アジアの熱帯雨林に自生しているものでニガキ科に属しております。すべての部分に強い苦みを持っているので、それが名前の由来となってニガキ科と言われております。栽培することが非常に難しく現地の人でないと自生しているのを見つけることは難しいでしょう。現地の人には昔から滋養強壮や様々な症状に効く天然役として重宝されてきました。マカなどと違って栽培の実験もうまく進んでおらず貴重なハーブと言えるでしょう。ですから日本で販売されているものは、サプリメントや粉末状態になっているものです。

テストステロン分泌促進トンカットアリの効果と副作用

トンカットアリの効果や効能

トンカットアリに含まれている成分で代表的なものは、テストステロンという男性ホルモンを増加させるのを助けてくれるアルギニンが多く含まれています。またアルギニンの体内での吸収を助ける力がある亜鉛やビタミンB6もバランスよく含まれているため、体内に入るとそれぞれの成分が効果的に働きかけてくれます。そのほかにも高麗人参に多く含まれていることで有名なグリコサポニンが健康にいいほか、苦みの主な成分であるカッシノイドは研究では抗がん作用が高いということもわかっています。
これらのことからトンカットアリがもっている効果についてまとめます。まずはマウスを用いた研究でもわかっていることですが、性欲が高まることによってペニスの勃起力の向上が見られます。また先ほども申しあげたとおりにアルギニンとそれをサポートする亜鉛やサポニンなどが多く含まれているため男性ホルモンの増加が期待できます。またサポニンは血液の循環を良くする効果があるので、血行を良くしてくれる効果あります。

古くからマレーシアでは健康のために食べられていたため、基本的には摂取したことによる副作用はないと思います。ただし過剰に摂取したりすることで体調を崩したり体質によっては会わないこともあるのでその点は気に留めておく必要があると思います。

Top