精力剤の代名詞マカの効果と副作用

マカは南米ペルー原産のアブラナ科の植物です。アンデス地方の標高4000メートルから5000メートルの高地で栽培されています。マカが育っている場所は日中になると高知のため太陽の日差しがさんさんと強く降り注ぎ、また夜になると気温が一気に下がる非常に過酷なところです。そんな過酷な環境でマカが育っていくためには、大地から必須アミノ酸やビタミンやグルコシノレートなど様々な栄養分を吸収しなければなりません。収穫した後の土地は栄養がなくなってしまうとも言われております。

マカの効果や効能について

過酷な環境の中で育ってきたマカにはさまざまな成分が豊富に含まれております。主に効果として挙げられるのは、精力の増強や滋養強壮などです。ひとつひとつについて説明していきたいと思います。

精力増強の効果

精力の増強に影響するのはアルギニンという成分です。アルギニンはアミノ酸の一種であり体内で生成することができるものです。エナジードリンクなどにもよく利用されていますね。一酸化窒素の生成をサポートするのにアルギニンは欠かせなく、感情グアノシン―リン酸と呼ばれる勃起をもたらす物質を活性化させるのに一酸化窒素は役立ちます。またデキストリンやアルカロイドも含まれているので、血流をよくするのに効果的なほかホルモンを活性化させることで勃起しやすくなる効果も期待できるのではないでしょうか。

精力剤の代名詞マカの効果と副作用

滋養強壮の効果

マカは様々なサプリメントや栄養ドリンクなどにも使われていて目にする機会が多いです。豊富に含まれている成分はさまざまな効果を発揮するためですね。ビタミンBや必須アミノ酸が体内の免疫力を高めてくれたり、代謝をよくしてくれたり、骨を強化したりと効能はさまざまになります。

副作用に関して

マカは自然のものですので副作用はないと言って構わないと思います。ただ過剰に摂取してしまうと体調を崩してしまったりする可能性は考えられます。使ってみて体質的にあわない場合もあるので違和感を覚えた際は使用を中止したほういいでしょう。

Top